ラ・シーク(La seek)

ラ・シーク(La seek)について

“La・seek(ラ・シーク)”は「学び、働くことで自分自身を発見し、自分らしく生きよう」というメッセージが込められています。 私たちは、女性たちに役立つ情報発信をしていき女性の『これから』のサポート致します。 ロゴ

菊川朱美先生☆講師取材



菊川朱美(きくかわ あけみ)先生

 551251_412025492167848_67619780_n

☆菊川先生をインタビュー取材させていただいて

以前から連載の方で連絡はとりあっていて、

毎回楽しんで拝読させていただいていたので今日の取材がとても楽しみでした♪

お写真からも伝わってくるように、おしとやかな話され方でどんな相談でも聞いてもらえる安心感のある先生でした(*^^*)

菊川先生の近くにも、キラキラと輝く女性がたくさんいるようで

今後もぜひHimmelと一緒に活動させていただきたいと思いました!

ビジネスに想いを

人生に志を

自分にYesを

☆講師インタビュー

今の仕事に就く前にどのようなことをされていましたか?

もともとは、雑誌の編集をやっていました。

タウン誌や行政の文化情報誌の編集制作、人物インタビューなどが担当でしたが、結婚を機に退職、神戸に住むことになりました。

結婚後は、小さな事業所の取締役として、経理・営業・受付まで・・・

会社の運営に関するすべてに関わりつつ、編集時代の知り合いから依頼が来る、

記事やパンフレットの制作などもフリーで手がけていました。

小さな会社の経営に必要なことから情報発信まで、

一連の流れを大局的に身につけることができたのは、この時期の経験のおかげですね。

そこからなぜ起業したのでしょうか、起業したきっかけはなんでしょうか?

出産後、当時流行りだしたネットショップを見よう見まねで作ったんです。

子供用品をオンライン上で販売したりしているうちに、企業から企画制作販促に関する相談が増えていきました。
法人にしたのは、そういった企業の方々から、「法人の方が取引しやすい」と言われることが増えたからです。

もともと、編集という仕事柄、経営者に接する機会が多かったので、特別なだとは思っていませんでした。

 

この頃は、ネットショップ・企業の販促物の企画制作、その他、パソコン教室の運営代行なども行っていました。

それぞれの業務に応じて、登録スタッフやフリーランスの方・・・大体30名ぐらいに動いてもらっていました。

 

仕事自体は急激に伸びていったのですが、

自宅で一人でやっている規模としては、かなり大きくなってしまって、倒れてしまったんですね。

自宅だといつでも仕事が出来るだけに、プライベートと仕事の切り分けがなくなってしまい、

最後のころは、お布団で寝たのっていつだろう?

というようなメリハリの無い生活になっていました。

結局ドクターストップが掛かり、3年ぐらい休むことになりました。

面白いことに、ちょうど3年程過ぎたころに、編集者時代の先輩から「編集長を探している」といった連絡が入ったのですよ。

それが女性起業家向けの雑誌で、

現在の「女性事業主、起業家のメンタリングとビジネス心理コンサルティング」に行き着いたのは、

ここでの体験が、直接的なきっかけです。

自分で何かをやっていきたい、と思っている女性が、

実は、「やり方がわからない」「長期/短期の計画の仕方がわからない」、

何よりも、「不安や焦りを抱えながら、目先の動きしか見ることが出来ていない」といった様子を見て、

単なる事業計画ではなく、ご本人の欲求や価値観から組み立てるコンセプトメイキングの必要性に気がついたのです。

そこで、心理を学び、研究を続けながら、メンタリングを専門に行うようになったのです。

ここまでで一番苦労した際のエピソードとそこにどう対処したのかを聞かせて下さい。

ひとは、自分が出した答えしか納得しないし、受け入れないものです。

特に、自分で事業をやるような方はその傾向が強い。

だからこそ、意識していない自分の欲求や価値観に目をむけ、自ら答えを導き出すメンタリングが最適なのですが。。。。

ただ、受身感覚の方は、答えを人から得たがるのですね。

それは、上手くいかないときに、自分以外に原因があったと思いたいから。

「環境が悪い、時代が悪い、あの人が悪い。。」と責任転換できるようにしておきたいのですね。

初めのころは、そういった方に、何か答えを渡してあげないといけない気がして、「こうなんじゃないの?」と言ってしまうことがありました。

そうすると、決まって後になって、「あの時、菊川に言われたから」となっていくんです。

今から思うと、プロになりきれて居なかったんですが。。。

何度かそんな経験をして、やっと本当のプロとして、

まだ自分で自分に向き合う基礎力がない方、受身で求める段階にいる方には、

こちらから「○○なんじゃない? と言わない」が徹底できるようになりました。

今は、こういった、まだ受身感覚が強い段階に居る方には、

自分で自分に向き合うことの必要性に気づくことから始めてもらって、

充分に下地が出来てから、

本来の〝自分で自分を自覚する〟作業に着手していくなど、しています。

時間はかかりますが、その分、無理なく、自己責任のマインド・メンタルも生まれていきます。

kikukawa3

どういう人が先生のレッスンに特に合っているのでしょうか?

個人事業主・フリーランスからスタートするにしても、

最終的にはてのひら企業(5名ぐらいの小規模事業所)にする意識を持っている方です。

私が小さな会社にしていくことを進めるのは、

出産・育児・子育てを互いにフォローしあいながら、共に働くことが出来るからです。

1人でいつまでも走り回っているより、

スタッフに助けてもらい、スタッフと一緒に喜び合える、豊かな働き方が出来ますし、

そういった職場が増えれば、更に多くの女性が働く環境を得ることに繋がります。

ですから、プチ起業をゴールにするのではなく、プチ起業をスタートとして、

いずれ雇用を生む会社にしていくつもりで、初めから取り組んでみてほしいと思います。

実際、そのほうが事業の伸び方も違います。

Himmelのレッスンでは

・将来てのひら企業を目指す、プチ起業家・フリーランスの方に

・何から始めるか

・どう動いていくか

・理想の将来像を見つけて組み立てていくための

・メンタリングセッション

を提供しようと思っています。

自分一人でまわしていく時と、会社としてまわしていく時では、組み立てが変わります。

商品やサービスのセレクトも、値段も、マーケットも変わりますし、売上や利益、ラーニングコストからもろもろの責任まで変わります。

どこで何をどう変化させるかまでが分かった上で、その時に合う形を組み立てて、進む必要があります。

これから始める方と、今伸び悩んでいる方は、ぜひ一緒に、構築&再構想していきましょう!

photo3

女性がずっと働いていける社会に菊川先生が興味をお持ちになられたきっかけはどういったことでしょうか?

やはり、出産が大きかったです。

出産の5日前まで働いていたので、

急に家でポツンとひとりになってしまった時の閉塞感・孤独感は凄いものでした。

もちろん赤ちゃんは可愛いけれど、社会と隔離されている感覚にはどうしてもなじめませんでした。

同時に、子育てをしながら、フルタイムで働きつづけることがどれだけハードルの高いことかも理解しました。

決まった時間に出社するだけでも、毎日綱渡りです。

「どうやったら、女性が、とてつもない無理や負担をせずして、働き続けられるんだろう?」

そう考えて行き着いた先が、自分のスタイルの確立

すなわち、初めは一人からはじめて、いづれ小さな事業所にしていく。。

すなわち、:“てのひら起業&てのひら企業”の考え方でした。

(株)アイエスでは、“女性のてのひら企業100社創出”を目指して、

てのひら企業研究会(http://p.tl/zA1U)を行っています。

また、今、私が取り組んでいるNEOWOMAN(http://neowoman.net/)では、

女性1000人・1000種類のロールモデル創造をテーマに、1000人の参加者募集をスタートさせたところです。

自分のライフスタイルの中で自分の仕事のカタチ・活きるカタチをつくっていける時代を、

私たち一人ひとりのチカラで作っていきたいとおもっています。

30代でするべきことへのメッセージをお願い致します。

専門性を高めることを意識してください。

自分のお仕事で「これ!」というものを見付け出して高めて頂きたいのです。

20代~30代は、結婚・出産でキャリアが途切れがちです。

24時間、好きなだけ仕事ができなくなるので、どうしても、働き方を変えなくてはならないのですね。

そういった時間の融通が効かない女性が、会社やビジネス社会で必要とされるには、

他の人には無い、自分ならではの専門性が重要になります。

「○○なら□□さん(あなたの名前)だよね!」

そう思ってもらえる専門性があるかどうか。。。

これは直ぐにできるものではないので、長い時間を掛けて、今の仕事の延長で、

他に代わりが無い専門性を生み出してください。

私も、雑誌編集から始まって、

やっと今の、私にしか出来ない“ビジネス心理”に行き着きました。

焦らず・慌てず・諦めずに、取り組んでくださいね。

これからなにかを始めたいけれど何をしたらいいのかわからない方へメッセージをお願い致します。

そういった方の多くは職種・職業にこだわっている方が多いのではないでしょうか。

もっと大きなテーマ、すなわち自分の人生でなにをしたいのか・

私なら「女性がずっと働ける社会を創造したい」・・ですが、こんな部分から考えてみて下さい。

仕事は手段なので、仕事自体に「これは天職!」としていると見付かりません。

Himmelさんには、多くのレッスンがありますね。

まずは、「全部受けてみる!」と決めて楽しんでみてください。

コップの水が満タンになると自然に溢れるように、ある時ふっと、自分が何が好きなのか、大切なのか・・・、必ず気がつきますよ。

photo2

最後に主婦・ママに一言、メッセージを教えて下さい。

これは私の会社であるAyes(アイエス)のキャッチフレーズにもなるのですが、

ビジネスに想いを

人生に志を

自分にYesを

というメッセージを送ります。

この3つから積み上げていってはいかがでしょうか?

女性は出世や成功、会社の大きさよりも、自身の想いを大切に進むほうが豊かなビジネスを生み出します。

人生に志があると嫌なことも気にならず、マイペースで頑張れます。

自分にYesとは自己承認、自分はコレで大丈夫!と自分を受け入れることです。

今日より明日、

明日より明後日の自分が輝いている

そんな人でいて下さい!

 

=========================================

●モニター100名実施中! http://p.tl/v3Ul

==================================

●菊川朱美 プロフィール

情報誌編集、小規模事業所の取締役を経て出産。

育児中に、ネットショップ・企画制作などを手がける自宅ひとり起業で、3年目に年商3000万を目前にするも、激務で倒れてドクターストップ。

休養中に女性起業塾を行う会社の起業家マガジンに編集長として関わる中で、女性が仕事で伸びる鍵はマインド・メンタルにあると感じ、ビジネス心理を研究し、(株)アイエスを設立。

【女性が生涯を通じて働いていける社会の創造】をテーマに、等身大の起業や小さな企業、事業リーダー育成に尽力中。

 

 

参考(肩書き)

◆メンタリング&ビジネス心理コンサルティング 株式会社アイエス 代表取締役

〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町79 日本ビルヂング TEL:078-939-5471 FAX:078-939ー5472

Blog:http://ameblo.jp/akemi-kikukawa/  mail:info@ayes.co.jp

◆明石で唯一のコピー屋さん 明石コピーサービス株式会社 代表取締役

〒673-0886 兵庫県明石市東仲ノ町3-41 TEL:078-914-1414 FAX:078-914-1415

HP:http://akcopy.co.jp Mail:info@akcopy.co.jp

◆あなたにもきっとある人生を創るチカラ 1000人×1000種類ビジネス創造プロジェクト NEOWOMAN 代表

HP:http://neowoman.net Mail:info@neowoman.net

 

==================================

 

菊川朱美先生の個人ページ

◆情報はこちら

http://www.himmel-rich.com/userinfos/view/51ec55e7-ef74-4f93-8fe3-758dc0a801a8

◆菊川先生のレッスンをオンラインで受講したい方!お申し込みはこちら↓

http://www.himmel-rich.com/privateData/praivateLesson.html

 

★「コメント」や「いいね!」で講師の応援よろしくお願いいたします♪

★Himmel Facebookページ

https://www.facebook.com/himmel0901?ref=hl


こちらも合わせてお読みください


Facebookをフォローする

六本木クルーズ&東大脳子育てセミナー 
「主婦・ママに優しい♡嬉しい♡IT講座(無料)」Microsoft様ご協賛イベント!height= ヒメルリッチマミーゴー スカイプ とうきょう子育てスイッチ

おすすめ情報Byline

おすすめ情報Bylineが入ります