ラ・シーク(La seek)

ラ・シーク(La seek)について

“La・seek(ラ・シーク)”は「学び、働くことで自分自身を発見し、自分らしく生きよう」というメッセージが込められています。 私たちは、女性たちに役立つ情報発信をしていき女性の『これから』のサポート致します。 ロゴ

鵜川先生

鵜川洋明先生連載vol.2『情熱の源』



こんにちは。広報の渕野です。自分への問いを投げかけてくださる鵜川洋明先生の連載第2号をお届けします。

前回の先生からのお題「心が強く動いた時は?」に、皆様はどんな答えがでましたか?

今回もワクワク、ドキドキの問いかけがございます。

家事や育児に追われて、ついつい自分のことが後回しになってしまいがちですが、こちらをお読みになるこのひとときだけは、しばし自分と向き合うプレシャスタイムとなりますように。。。

それでは、どうぞ↓↓

鵜川先生

■vol.2 情熱の源

前回皆さんに「今までの人生で、心が強く動いたのはどんな時ですか?」という問いを

投げかけさせてもらいました。いかがですか?いろいろと浮かんできましたか?

 

情熱は何かのスイッチが入ると自然とわきあがります。そのスイッチが入ると心が強く

動きます。

 

心が動く=感情です。スイッチが入る時というのはつまり感情が強く揺さぶられる時です。

 

人が何か行動を起こす時のパワーは、本来頭で考えて動く時より、感情から動くほうが圧倒的に強いのです。

 

感情には「喜怒哀楽」があります。

「喜は感動=すごーい!」に、「怒は問題意識=おかしい!」に、「哀は欠乏感=つらい・悔しい」、「楽は充実感=楽しい~!」そんな感じでしょうか?

 

自分はどんな時にこれらの感情を感じることが多いですか?

また喜怒哀楽のどの感情を感じる時に、何か動かずにはいられない気持ちになりますか?

怒や哀は一見マイナスに見えますが、それを「なんとか解決したい!」という強い思いを

引き起こしてくれるものという観点で見てください。

 

頭で自分のスキルや出来ることを考える前に、自分の心が強く動くことってなんだろうって考えてみる。そしてその瞬間を多く感じる(怒や哀であれば、それを解決するために)シーンをいろいろ想像してみる。その感覚は何をすれば感じられるんだろう?そうやって考えていくと「自分がやりたいのはこれだ!」と思うものに近づいていきます。

 

さて、今回もまた、皆さんに問いを投げかけたいと思います。

「あなたが思う理想の自分は、どんな自分ですか?」また次回まで考えてみてくださいね。

 

***************************************

●【鵜川洋明プロフィール】

某大手化粧品会社にて、新規事業立ち上げ・化粧品店舗の開発・運営に携わる。2008年頃より、もともと深い興味を 持っていた、個人のキャリアデザインにかかわりはじめる。 自分の心が動く活動・仕事の根底にあるコアエッセンスを見つけることが、 個人の可能性を引出、その人らしい強みを生かした充実度の高い人生につながるという考えのもと、ワークショップや著作活動、またメイクセラピストの妻の自宅サロン開業を通じ、小さなサロンをつくるブランディングなども行う。
・JCDA認定 CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)
・青山学院大学SD育成プログラム修了認定 ワークショップデザイナー

 ***************************************

鵜川洋明先生の個人ページ

◆情報はこちら

http://www.himmel-rich.com/userinfos/view50fe09c4-48f0-4d79-acb7-44690a9c8514/

◆鵜川先生のレッスンをオンラインで受講したい方!お申し込みはこちら↓

http://www.himmel-rich.com/privateData/praivateLesson.html

◆HP http://www.meraq.net

****************************************

★「コメント」や「いいね!」で講師の応援よろしくお願いいたします♪

★Himmel Facebookページ

https://www.facebook.com/himmel0901?ref=hl


こちらも合わせてお読みください


Facebookをフォローする

六本木クルーズ&東大脳子育てセミナー 
「主婦・ママに優しい♡嬉しい♡IT講座(無料)」Microsoft様ご協賛イベント!height= ヒメルリッチマミーゴー スカイプ とうきょう子育てスイッチ

おすすめ情報Byline

おすすめ情報Bylineが入ります