ラ・シーク(La seek)

ラ・シーク(La seek)について

“La・seek(ラ・シーク)”は「学び、働くことで自分自身を発見し、自分らしく生きよう」というメッセージが込められています。 私たちは、女性たちに役立つ情報発信をしていき女性の『これから』のサポート致します。 ロゴ

吉田大樹先生連載☆vol.11『再就職へ向けてのハードル⑤ ~親~』 



おはようございます。広報の渕野です。

今週もよろしくお願いいたします。

吉田大樹先生のシリーズ連載「再就職に向けてのハードル」第5弾。

ママが働くには、家族の理解と協力が不可欠ですが、

今回は身近に潜む意外な?!ハードル=親、がテーマです。

復職を望むママさんなら、逆に味方につけておきたい存在でもありますよね!

そのための準備はどうしたらよいのでしょうか?

早速、こちらをどうぞ↓↓

 _A0R6351

 

■ vol.11 再就職へ向けてのハードル⑤ ~親~ ■

 

これまで4回にわたり、仕事と子どもの預け先のハードルを紹介しましたが、

これらは、社会全体で取り組むべき問題と言えます。

 

今日のハードルは、「親」です。

 

子育てをする中で、親は大きな協力者である半面、

最大の抵抗勢力となる場合もあります。

 

なかでも「仕事」の問題が障害となる場合が多いですね。

 

親の世代は、まだまだ女性が仕事を続けることが珍しかった時代です。

結婚・出産を経て退職するというのが当たり前でした。

 

そうした自身の経験から、

母親は子育てに専念したほうがいいと考える方も少なくありません。

 

一方で、父親は、自分が長時間労働で働きながら、

家庭を支えてきたという自負があり、

家事や育児は母親に任せておけばいいという考え方がまだまだ根強く残っています。

 

夫婦の親のうち、だれかがこうした考え方を持っていると、

女性が出産後も働き続けたり、

子どもが小さいうちから再就職したりすることに対して、

反対される可能性があると思います。

 

こうした場合、まずはなぜ働くかの理由を

しっかりと準備にしておく必要があると思います。

 

最も説明しやすいのが、経済的な問題です。

20代~30代の所得は10年前や20年前と比べて落ちています。

となれば、父親1人の稼ぎで生活をするのは難しい状況です。

 

高度経済成長期と同じように、給料が増えていくということも考えられづらい時代。

夫婦がともに働きながら生活をしていくことが必要だということを訴えるべきです。

 

あと、母親が3歳までは育てるべきという、

いわゆる「母親の3歳児神話」も依然として語り継がれていますが、

保育所などに通いながら、集団生活で子どもが成長していくことも、

子どもにとっては社会性や協調性などを養う上でプラスだと思います。

 

もちろん、保育所などに預けたとしても、

親がしっかりと第一義的に子どもを育てるということを忘れてはなりません。

 

親に自分たちの思いをしっかりと伝え、

大きな協力者になってもらえるといいですね。

 

そして、残る最後のハードルは、当然「夫」ですね。

この話は次回に回したいと思います。

 

**********************************

●【吉田大樹プロフィール】

NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事

 

1977年7月東京生まれ。埼玉県鴻巣市在住。2003年3月日本大学大学院法学研究科政治学専攻修了。2003年4月~12年6月「労働安全衛生広報」「労働基準広報」(労働調査会発行)記者。労働関係の専門誌記者として、ワーク・ライフ・バランスや産業保健(過重労働・メンタルヘルスなど)の問題を精力的に取材。働き方や生き方の変革を訴える。08年7月~FJ会員、10年7月~FJ理事を経て、12年7月より現職。12年4月、内閣府「子ども・子育て会議」委員、13年6月~厚労省「イクメンプロジェクト」推進委員会委員。3児(03、06、08年生まれ)のシングルパパ。

 *********************************

吉田大樹先生の個人ページ

◆情報はこちら

 http://www.himmel-rich.com/userinfos/view/51ec545b-9bd4-4221-b467-77aac0a801a8

◆吉田先生のレッスンをオンラインで受講したい方!お申し込みはこちら↓

http://www.himmel-rich.com/privateData/praivateLesson.html

◆HP http://www.fathering.jp/

******************************

★「コメント」や「いいね!」で講師の応援よろしくお願いいたします♪

★Himmel Facebookページ

https://www.facebook.com/himmel0901?ref=hl


こちらも合わせてお読みください


Facebookをフォローする

六本木クルーズ&東大脳子育てセミナー 
「主婦・ママに優しい♡嬉しい♡IT講座(無料)」Microsoft様ご協賛イベント!height= ヒメルリッチマミーゴー スカイプ とうきょう子育てスイッチ

おすすめ情報Byline

おすすめ情報Bylineが入ります